blog index

AQUA LINE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
幻影に惑わされ。
 めっきり寒くなってきました。なのでとうとうコタツをだしてしまいました♪コタツ自体は年中テーブルとして使っているので布団を出すだけなのですが、上に乗ってるPCのモニターやらノートPCやらを動かすのがちょっとハラハラしますね!去年はいいかげんにやったらモニターがつかなくなったりしたので(つд・)(←自分が悪い)

 それにしてもぬくぬくー(*´Д`*)

----------------------------------------

 さて、このごろ皇国軍戦績BF「プークの幻影」に通っています。個人的な印象ですが、忍黒詩+ヒーラーがいれば鉄壁かと。

 このBFの特徴としては敵が本当に分身する技を使ってくることでしょうか。これを寝かせ(ララバイやシープソング等、光属性のもののみ)orガ系で処理しないと盾があっという間に沈みます。分身は4枚沸いてくるので単体寝かせ等では対応し切れません。

 戦略としては、
1.忍者がタゲとって開戦
2.弱体魔法等入れる
3.普通に前衛が殴り
4.ボレアースマント(分身技)が来たら、詩人は達ララ&黒がブリザガII(風属性じゃなければなんでもいいんですけどネ)
5.詩かけなおしとか精霊とか
3〜5繰り返し

 で、勝てます!ちなみにガで倒さなくても30秒で分身は勝手に消えますが、ホワイトウインドという回復技で全部起きてしまうことと、寝かせの範囲から漏れた場合にタゲ取ってる人が死にやすいので倒すほうがいいです。ララバイ2枚とかでもいいと思いますけど。
 他の注意点はボレアースマントが来たときに忍者が被弾しやすいのでヒーラーは即座に回復するようにすることですね。黒や詩人は分身の処理をしているので回復が遅れがちになります。

 さらに言えば詩をメヌマンボにすると(忍者の回避スキルにもよりますが)、攻撃を素避けする確率が上がるので事故率ダウンです。ウマ。

 何回かやった経験上、ボレアースマントは一定時間かあるいはTPが貯まったら使ってくる技ぽいので予想外のタイミングでくることがなく、詩のかけなおし等はボレアースマントのあとで悠々と出来ます。

 あとはウインドシアーがノックバックなので、盾は壁を背にして戦うこと! でないとウインドシアー→ボレアースマントが来たときに、忍者吹っ飛ばされる→敵が着いていきながら分身→達ララの範囲からもれる→GYAAAAAAAAAAAAなんて事態になりかねません。ていうか、私のプレイヤースキルが低いのでなんということもなく達ララはもれてましたけどNE!たぶん戦士がタゲとって分身が広がったとかそういうことだろうとは思いますが・・・。



 ちなみに一度失敗したと思った構成は 忍モ竜黒詩 です。これだと範囲技で前衛が被弾しまくるのでヒーラーいないときはオススメできません。さらに忍者以外の前衛がタゲを取ってしまうと寝かせがうまく行かないので忍者が沈みやすく、5戦2勝という渋い結果に・・・。

 とはいえ、BFが翡翠廟ということでマムージャ監視哨から近いというのは利点ですね。移動は楽々。しかも大当たりはないものの、毎回安定して稼げる('∇') しばらくは通う日々が続きそうです(*ノノ)

| あくあ | FF_BC | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ